トップページ
お店のご案内
そば職人の独り言
そばの豆知識
そばの打ち方
そばの茹で方
そばがきの作り方
宅配のご案内
リンク集
                                    
そばの豆知識
2008年 春編

そばせいさんりょう【蕎麦生産量】  
  しゅうかく【収穫】

  そばのさんち【蕎麦の産地】

                      参考リンク  ゆにゅうりょう【輸入量】
                            

日本の蕎麦生産は、大正時代にはおよそ13万トンであっが、その後減少の一途をたどり、平成18年度は、3万3,000万トンで推移している。前年対比2,000トン(9%)増加した。
 
平成18年都道府県別生産量(農林水産省農産課調査)は

作 付 面 積 収 穫 量
順位 都道府県 作付面積
  (ha)
全国に占め
 る割合
  (%)
順位 都道府県 収穫量
 (t)
全国に占める割合
(%)
北海道 16,400 38.4 北海道 14,200 43.1
山形県 3,250 7.6 茨城県 2,800 8.7
福島県 2,970 7.0 長野県 2,320 7.0
青森県 2,780 6.5 福島県 1,900 5.8
長野県 2,640 6.2 栃木県 1,690 5.1
茨城県 2,480 5.8 山形県 1,620 4.9
福井県 2,060 3.7 福井県 1,500 4.6
栃木県 1,590 3.6 鹿児島県 1,380 4.2
新潟県 1,520 3.3 青森県 778 2.4
10 秋田県 1,410 2.3 10 秋田県 747 2.3
11 鹿児島県 985
2.0 11 新潟県 744 2.3

全国 42,753

全国 32,957

収穫量は、以上の1道6県で全国の80%を占めている。

全国におけるそばの作付面積は4万2,753haで、前年産に比べて2,000ha(1%)増加した。
調査県における収穫量は3万2,957tで、前年産に比べて1.800t(1%)増加した。
これは、北海道を除き各県作付面積の変動がない中、収穫量が増加し、茨城県では昨年対比500t、長野県200t、福島県300t、栃木県400t、福井県450t、鹿児島県200t、新潟県400tとそれぞれ大幅に増加した。ただ、北海道は昨年対比140t減少した。


 2001年春・夏編  「そばの種まきの時期」 「うまいそばの立地条件」
 2002年秋・冬編  「そば切り発祥の地は?」「秋そばの収穫」「そば粉になる迄」
 2003年春・夏編  「そば湯」「生蕎麦」
 2003年夏・秋編  「変わり蕎麦」「蕎麦の諺」「蕎麦の語録」
 2004年春・夏編  「ダッタンそば【韃靼蕎麦】「そばの種物
 2007年秋・冬編  「そば粉とつなぎ」「もりそばとざるそば」
 2008年春・夏編  「そばの生産量」